AGA(男性型脱毛症)薄毛や抜け毛の特徴や治療|東京都台東区の皮膚科 蔵皮膚科・形成外科

AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)の特徴や治療について

AGAエージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で進行性の男性型脱毛症です。
思春期以降に発症し、額の生え際や頭頂部のどちらか一方または双方から髪が薄くなっていきます。
一般的にAGAは、遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

薄毛に悩む多くの男性は「AGA」が原因

AGAは成人男性に発症する「進行性」の脱毛症でで、箇所や年齢は様々です。
典型的なAGAの進行症状としては、髪の毛が徐々に細くなり始め最終的には脱毛してしまうことで額の生え際が後退し、頭頂部の地肌が見えるようになることです。
原因がAGAである薄毛の場合は、進行性のため発症後は効果的なケアを行わない限り症状が進行し、薄毛が目立つようになっていきます。

AGA発症の原因は?

通常のヘアサイクル(髪の毛周期)と事なり、AGAの場合は髪の成長期が短く脱毛を繰り返します。
AGAは遺伝的な要素も関わっており、男性ホルモンのジヒドロテストステロンの作用によって引き起こされると考えられています。

ヘアサイクルが乱れ髪の毛が成長しなくなると、太く長く育つ前に髪は抜け落ちてしまいます。そうなると、次第に産毛のような髪だけが増えて結果的に薄毛になります。

人間のヘアサイクルには限りがあり、ヘアサイクルの成長期が短くなれば1回のヘアサイクル自体が短くなります。本来であれば一生保たれるはずである毛根の寿命が尽きてしまう(毛球部が萎縮して消失)可能性があります。

AGA治療は早めに病院へ

近年AGAの認知度は高く、「AGAは病院で治療」と言われる時代です。
医師の診察・診断のもとでAGA治療をスタートするのは、医薬品などと共にお一人お一人の症状に合わせて安心できることに加え、医師からのアドバイスや指導も受けられます。

AGAは進行型であるため、早期に治療を開始することが大切です。
また似たような症状であってもAGAではない薄毛脱毛症もありますので、個人で判断せず医師の診察を受けられることを強くお勧めいたします。

わきが手術の疑問や、皮膚病などに関する皮膚科Q&Aで悩み解決


〒111-0051 東京都台東区蔵前3-4-9 蔵ビル2F

診療/9:00~12:30、15:00~18:00(土曜午後休診) ※詳細
休診/木曜・日祝日・土曜午後 ※夏期、年末年始臨時休診あり