シミ・ソバカスのレーザー治療|東京都台東区の皮膚科 蔵皮膚科・形成外科

シミ・ソバカスの医療レーザー治療

レーザーによるシミ・ソバカスの治療

医療用レーザー脱毛・アレキサンドライトレーザー当院ではシミソバカスの原因となる皮膚の過剰なメラニンを選択的に反応して治療を行える、安全性の高いアレキサンドライトレーザー*1を導入し、ダウンタイム*2のない治療を行っております。

*1 アレキサンドライトレーザー…医療用レーザー

*2 ダウンタイム…治療後お化粧が出来ないなど、日常生活に支障が生じる期間

写真は当医院で使用している、アレキサンドライトレーザー(GentleLASE)です。
GentleLASEは、日本において厚生労働省医療用具承認(皮膚良性色素性疾患治療)を取得している安全性の高いレーザーです。
また、医療機関のみが使用できる機器で安心してお受けいただけます。

レーザー治療の仕組みや特徴

  • 選択的にメラニンに吸収されるので安全
    皮膚に含まれる過剰なメラニン色素(シミ・ソバカス部分)に対し、レーザー光が吸収されます。
  • 痛みが少ない
    痛みは輪ゴムではじく程度ですが、必要であれば麻酔テープによる表面麻酔を行いますので心配ありません。
  • 治療後のケアも簡単
    お化粧(スキンケア・メイク共に)も洗顔も、治療当日から行えます。
  • 治照射野が大きいため、治療時間が短い
    1回の治療にかかる時間は10分程とスピーディーです。

医療レーザーの仕組みと効果

レーザーの光はメラニン色素に反応する特定の波長を持っており、メラニン色素の黒い部分にのみ熱エネルギーを加えることができます。皮膚の上からレーザーを照射しても、シミや毛根部分だけに直接熱を加えられる仕組みです。
レーザーによって与えられた熱が、皮膚の過剰なメラニン色素を分解します。

レーザー治療による皮膚の模式図

レーザーによるシミ・ソバカスの治療

以下の写真は、アレキサンドライトレーザーを用いたシミソバカスの治療前と治療後です。

シミ・ソバカスのレーザー治療前と治療後の写真

【ワンポイント】シミやソバカスの治療に健康保険は適用される?

レーザー治療は自由診療ですので、健康保険は適用されません。
健康保険適用の保険診療・自由診療のご説明
シミ治療の一つとして「冷凍凝固」による治療もあり、こちらは保険が適用されます。
治療の違いなどについては、お気軽にお尋ねください。

シミ・ソバカスのレーザー治療を受けたあとのケアや注意事項

  • レーザー照射後、シミの部分はメラニンが反応し軽い炎症を起こしている状態です。
    皮膚をこすったりしないようご注意ください。
  • お化粧や洗顔は、レーザー治療の当日から可能です。
  • レーザー治療後の肌は、紫外線の影響を受けやすい状態になっています。
    外出時には、日焼け止めなどの紫外線防止対策を行ってください。
  • 必要に応じて美白クリーム(外用)を行う場合がございます。
  • レーザーの治療効果には肌の質、きめ、色調などで個人差がございます。
    治療の目安として、シミの場合は1~3回程度です。

わきが手術の疑問や、皮膚病などに関する皮膚科Q&Aで悩み解決


〒111-0051 東京都台東区蔵前3-4-9 蔵ビル2F

診療/9:00~12:30、15:00~18:00(土曜午後休診) ※詳細
休診/火曜・日祝日・土曜午後 ※夏期、年末年始臨時休診あり