多汗症の治療と手術|東京都台東区の皮膚科 蔵皮膚科・形成外科

多汗症の治療

多汗症と治療方法、効果や副作用について

多汗症(たかんしょう)とは

多汗症とは、交感神経が失調し体温上昇とは関係なくエクリン腺より汗が過剰に放出される疾患です。
多汗症は大きく2つに分けられます。1つは身体全体の汗の量が多くなる「全身性多汗症」、もう1つは、わきや手足など特定の部位に汗が多くなる「限局性多汗症」です。

全身性多汗症の場合は、内分泌疾患や神経系疾患などから起こることもあります。
例えば甲状腺疾患のバセドウ病や、糖尿病を発症した初期の段階で現れる多汗など。また、更年期の症状として良く知られている、ほてりと共に汗が増えるホットフラッシュも良く知られています。

わきがと多汗症の関係

私たちの身体は体温が上がりすぎることを防ぎ、ほぼ一定に保つよう必要に応じて汗をかきます。
またそれとは別に、精神的な緊張やストレスも発汗の原因となっています。
多汗症の中で特に悩みが多いのが、ワキの汗が多く出る「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」です。

わきが多汗症は異なるものですが両者が合併していることもあり、多汗症治療で悩みから解放されています。
当院においても多汗症の治療をご希望される患者様が多く、治療を行っております。

当院の多汗症治療・施術

このような方へ多汗症治療をおすすめいたします

  • 特別な原因がないのに、ワキに多量の汗が出て恥ずかしい
  • 周囲の人に対し、汗のニオイが気になって集中できない
  • 服に汗染みができて、人目がとても気になる
  • 一日に何度も制汗剤を塗ったり、まめにつけ直さないと不安がある
  • ワキのニオイが気になるけど、わきが手術はしたくない
  • ワキの汗によって、服に黄色のシミが出来て取れにくい

当院での多汗症治療に使用する【ボツリヌス・トキシン】について

ボツリヌス・トキシンはタンパク質の一種で、筋肉の収縮を弱める働きがあります。
発汗作用を行う筋肉の動きを抑え、エクリン腺から分泌される汗の量を抑えるため多汗症治療に有効です。

当院使用の製品は英国イプセン社の「Dysport(ディスポート)」で、A型ボツリヌス・トキシンを含みます。

「A型ボツリヌス・トキシン」についてのワンポイント

A型ボツリヌス・トキシン注射は「ボトックス」という名前でよく知られています。
シワや多汗症の治療などに広く用いられており、多汗症治療においては発汗を抑制します。
医師が診察したうえで適切な量を注入し、治療はわずか数分で終了いたします。

多汗症治療の効果や注意事項

  • 効果は3~6ヶ月ほど持続します。
    露出の多い夏の期間前に施術を受けられると、汗の多いシーズンが快適です。
  • 妊娠時や授乳婦、特殊な神経疾患がある場合は禁忌です(投与できません)。
  • 副作用として局所の注射痛、浮腫、紅斑、しびれ感、皮下出血などをきたすことがありますが、一過性です。
  • 施術費用は、65,000円(保険適用外)です。
  • 多汗症の施術は予約制で、毎週土曜日(祝日をのぞく)12時30分~13時の間に行っております。
    事前に必ずご予約のうえお越し下さい。

わきが手術の疑問や、皮膚病などに関する皮膚科Q&Aで悩み解決


〒111-0051 東京都台東区蔵前3-4-9 蔵ビル2F

診療/9:00~12:30、15:00~18:00(土曜午後休診) ※詳細
休診/火曜・日祝日・土曜午後 ※夏期、年末年始臨時休診あり