有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)の治療と手術|東京都台東区の皮膚科 蔵皮膚科・形成外科

有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)の治療と手術

有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)の特徴や治療・手術について

有棘細胞癌ゆうきょくさいぼうがん)とは、皮膚がんのひとつで頻度の高いものです。紅色に隆起し表面に厚い角質や潰瘍を生じます。
通常は日光に当たる部分にできますが、あまり日光に当たっていない箇所の皮膚や口の中にも発生します。
誘因として紫外線が関与した例が多いですが、熱傷や外傷の瘢痕からも生じることがあります。

有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)の手術例

有棘細胞癌は悪性腫瘍で、日本人に多い皮膚がんです。
目につく部位に出来やすいため、できるだけ傷跡が目立たないよう手術を行っております。

1.有棘細胞癌手術前

有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)の手術例・手術方法、手順190代女性の右頬に出来た有棘細胞癌です。

2.有棘細胞癌手術後(1年経過)

有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)の手術例・手術方法、手順2こちらは手術後の写真です。
手術の傷跡もほとんどわかりません。
術後1年経過していますが、癌の再発はありません。

有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)の治療は手術だけ?

有棘細胞癌の治療は手術が第一ですが、放射線療法や凍結療法を行うこともあります。
腫瘍の性質に左右されますので、医師にご相談ください。

わきが手術の疑問や、皮膚病などに関する皮膚科Q&Aで悩み解決


〒111-0051 東京都台東区蔵前3-4-9 蔵ビル2F

診療/9:00~12:30、15:00~18:00(土曜午後休診) ※詳細
休診/木曜・日祝日・土曜午後 ※夏期、年末年始臨時休診あり