巻き爪・陥入爪の治療と手術|東京都台東区の皮膚科 蔵皮膚科・形成外科

巻き爪の治療と手術

巻き爪・陥入爪(かんにゅうそう)の特徴や治療・手術について

巻き爪とは、爪両端部分が強く内側に湾曲(横方向へ巻いた状態)になった状態を言います。
多くは負担のかかりやすい親指の足のであることが多いのですが、その他の指も巻き爪になるケースがあります。
巻き爪の原因として、多くは爪の外縁部分を深く切ること(いわゆる深爪)により生じますが、ハイヒールや幅の狭い靴を履いたり、つま先に重心のかかるスポーツ(テニス、サッカー、バスケットボールなど)でも生じます。

「巻き爪」と「陥入爪(かんにゅうそう)」

陥入爪は爪の両端が皮膚に食い込むことで、爪の周囲に痛みや炎症を起こしたものです。
一般的には「陥入爪」=「巻き爪」と捉えられていることが多く、混同されやすい名称です。

当サイトでは患者様に馴染みの多い名称であることから、巻き爪としてご説明しております。

巻き爪の治療方法

巻き爪の治療方法にはいくつかあり、主な方法は以下の通りです。

  1. 巻き爪の端を切除し、爪を作る組織である爪母(そうぼ)をフェノールで破壊する方法
  2. アクリル樹脂を用いて、人工爪を形成する方法
  3. 形状記憶ワイアーを用いて、巻き爪の湾曲を矯正する方法
  4. 爪と爪郭(そうかく)の一部を、ひとかたまりとして切除する方法

当院では 1.のフェノール法で行っており、巻き爪治療健康保険適用です。健康保険適用/適応

フェノール法は手術後の痛みも少なく、見た目もキレイで早く治ります。

手術写真をご覧になりたくない場合を考慮し、はじめは手順を文字のみで掲載しています。
写真と共に詳細を表示する際は、下の「写真を全て見る」をクリックしてください。
もしくは個別に「写真と説明【ひらく】」から、該当項目のみの表示も出来ます。

写真を全て見る
写真を全て閉じる

巻き爪・陥入爪(かんにゅうそう)の手術方法

1.局所麻酔後、指の付け根を止血写真と説明を開く

わきが手術方法 1:剪除法+超音波破壊吸引法右足第1拇趾(親指)の巻き爪です。
局所麻酔を注射し、指の付け根にゴムを巻いて止血します。

2.陥入部分の爪切除写真と説明を開く

わきが手術方法 2:剪除法+超音波破壊吸引法メスで、爪の陥入(巻いている)部分を切除します。
爪の縁を爪母ごと切除することで、爪の横幅を狭くします。

3.陥入部分の爪を抜き取り写真と説明を開く

わきが手術方法 3:剪除法+超音波破壊吸引法 メスで切除した爪の陥入部分を、鉗子(かんし)で抜きます。
爪が作られる部分である、爪母(そうぼ)から抜き取ります。

4.陥入部分を抜いた爪の状態写真と説明を開く

わきが手術方法 4:剪除法+超音波破壊吸引法写真は陥入部分を抜き終わった状態です。
爪の幅が、数ミリ狭くなっています。

5.フェノールを挿入写真と説明を開く

わきが手術方法 5:剪除法+超音波破壊吸引法化学物質「フェノール」を綿棒に付け、爪の根元にあてます。
これによって、カットした爪部分が生えてこなくなります。

6.抗生物質の軟膏を塗布写真と説明を開く

わきが手術方法 6:剪除法+超音波破壊吸引法抗生物質入りの軟膏を塗ります。
フェノール法は縫合する必要がないため、治療後の痛みが少なく早く治ります。

7. ガーゼをあててテープで固定写真と説明を開く

わきが手術方法 7:剪除法+超音波破壊吸引法最後にガーゼをあてて、テープで固定します。
手術にかかる時間は10分程度で、
術後の痛みは軽度です。

わきが手術の疑問や、皮膚病などに関する皮膚科Q&Aで悩み解決


〒111-0051 東京都台東区蔵前3-4-9 蔵ビル2F

診療/9:00~12:30、15:00~18:00(土曜午後休診) ※詳細
休診/木曜・日祝日・土曜午後 ※夏期、年末年始臨時休診あり