脂肪腫(しぼうしゅ)の治療と手術|東京都台東区の皮膚科 蔵皮膚科・形成外科

脂肪腫(しぼうしゅ)の治療と手術

脂肪腫(しぼうしゅ)の特徴や治療・手術について

脂肪腫(しぼうしゅ)とは脂肪細胞が局所的に増殖して出来た、いわゆる良性腫瘍の一種です。
全身どこにでも発生し、粉瘤(ふんりゅう)とよく間違えられます。
大きさはくるみ大から鶏卵大が多いですが、放置していると小児頭大になることもあります。

間違いやすい「脂肪腫(しぼうしゅ)」と「粉瘤(ふんりゅう)」

粉瘤とは垢や皮脂が貯まってできた袋状の腫瘍で、脂肪腫とよく間違われます。
粉瘤は中央に小さな穴(小孔)が見られますが、脂肪腫にはないのが大きな違いです。
また、炎症を起こすと粉瘤は痛みを伴いますが、脂肪腫で通常痛くなることはありません。

【皮膚科・皮膚病一般Q&A】粉瘤と脂肪腫の違いについて教えてください

脂肪腫の治療方法は、下でご説明している手術が一般的です。

費用は各種健康保険適用(3割負担)で、約5,000円~。大きさや部位により異なります。健康保険適用/適応

脂肪腫(しぼうしゅ)の手術例・手術方法

通常、線状の切開またはトレパンという筒状のもので穴を開け、脂肪腫を除去します。
当院は形成外科でもありますので、なるべく傷跡を残さないような手術を行っております。

1.脂肪腫のマーキング

脂肪腫(しぼうしゅ)の手術例・手術方法、手順1写真は下背部に出来た脂肪腫です。
大きさは、8×7cm。まずは脂肪腫のマーキングを行います。

2.局所麻酔と切開

脂肪腫(しぼうしゅ)の手術例・手術方法、手順2次に局所麻酔をします。
脂肪腫の中央に、1cmほどの切開を入れます。

3.脂肪腫を摘出

脂肪腫(しぼうしゅ)の手術例・手術方法、手順3鉗子(かんし)で、脂肪腫を少量ずつ摘出して行きます。

4.摘出した脂肪腫

脂肪腫(しぼうしゅ)の手術例・手術方法、手順3写真は、摘出した脂肪腫です。

5.縫合

脂肪腫(しぼうしゅ)の手術例・手術方法、手順3 縫合して終了となります。
脂肪腫の手術所要時間は、20分ほどです。

わきが手術の疑問や、皮膚病などに関する皮膚科Q&Aで悩み解決


〒111-0051 東京都台東区蔵前3-4-9 蔵ビル2F

診療/9:00~12:30、15:00~18:00(土曜午後休診) ※詳細
休診/火曜・日祝日・土曜午後 ※夏期、年末年始臨時休診あり